バツ1独女の勉強日記

今更ながら勉強に目覚めました。趣味のようにゆっくりいろんなことを学んでいきたいです。

冷たくあしらってしまった。

 

今日はロビーで、あるおばあさんに声をかけられました。

いきなり、「毎日悲しい思いをしています。」ときた。

 

何かの勧誘かと思ったら、この人は入居者の方で、

単純に上の階の人が夜中ずっと起きてて、

足音とかうるさくて眠れないということでした。

 

お年寄りにありがちな、いきなりなパターンで

「何、同情を買うことを言ってるんだろう。」と

思ってしまった。一人暮らしです。

 

私は生まれた時に既に祖父母は一人もいなくて、

お年寄りとの付き合い方がよく分かりません。

すごくイライラします。

 

実際、特におじいさんによっては、とても傲慢で、

ちまたでも問題を起こしていますね。

それを思うと、今日のこともちっとも同情できなくて

さっさとエレベーターに乗ったわけです。

 

ただ、歳をとって行くと、気の強い私も絶対に弱く

なるわけで、自分の未来はどうなるのか心配せずには

入られません。今日の私みたいに冷たくあしらわれたら

どういう気持ちになるのか考えたら、

いや〜、悲しいなあ、とても悲しいなあ。。。

 

ここ札幌には、友人と呼べる人も親戚も誰一人いません。

今の状況だけで考えると、

ここで歳をとって一人で暮らして行くのは、

かなり精神的にタフでないと無理だと感じました。

暖かいところだと少しマシかも。

 

…凹んでます。ここ数日のこの凹み具合は、

やっとできた友達が釧路へ引越すことになったのが、

きいてると思う。どうしよう、辛くなって来た。

 

明日はその友達と食事する予定。切ないな。