バツ1独女の勉強日記

今更ながら勉強に目覚めました。趣味のようにゆっくりいろんなことを学んでいきたいです。

年金が足りないというお年寄り

 

一人暮らしのおばあさん。

年金が月に14万円でも足りないと言ってます。

なぜ足りないか考えて見ました。

 

家賃: 約1万円

保険+医療費: 約2〜3万円

光熱費:1万円(冬は+ガス代15,000円)

残金: 9〜10万円

 

家賃がこんなに安いのは、

市営住宅で特例措置を受けているからとか。

 

保険+医療費は、詳しくは分からなかったけど、

これくらいだと思われます。

 

光熱費は、冬場にはガスヒーターを使っていて、

そのガス代が毎月余計に15,000円かかる。

 

そして、14万円からこれらを差し引いた残りが

9~10万円もあります。

 

これだけあれば十分に暮らしていけませんか?

 

食費を多めに見積もって4万としても、

5~6万円は残る。

このお金はどこへいってるのかな?

 

また、自分の子供達は自身の家庭のことで精一杯で

助けてくれないとも言っています。

 

なぜ足りない??

 

最初は、また出た、わがままな老人と思いました。 

でも、よくよく考えて見たら、お年寄りです。

 

何というか、もう色んなところが、つまり、

体だけでなく、頭も、変化に対応できなくなって

いるんでしょうね。

 

“お金を工夫して生活していく”ってことが

できないんでしょう。

相談員の方がお金の使い方をいくらアドバイスしても、

きっと変われないと思う。

 

そこで私が感じたのは、

節約の習慣を身につけるのは、

はっきり言って頭が元気なうちに取り組まなければ

いけないということ。

 

節約の習慣に限らず、

歳をとってから何かを変えようとしても、無理かな。

一人暮らしなら尚更ですね。

頼れるのは自分だけですから。

 

あとあと困らないように、

今のうちから節約や良い習慣を身に付けなければと

思います。