バツ1独女の勉強日記

今更ながら勉強に目覚めました。趣味のようにゆっくりいろんなことを学んでいきたいです。

張り合いのない生活とは?

 

釧路に住んでる友人が送ってくれた写真。 

f:id:jiajia2017:20180309155302j:plain

 

素晴らしく美しいでしょ!

感動して、車の中から撮ったそうです。

北海道以外ではこんな景色はそうそう見られません。

 

 

さてさて、毎日、張り合いのない生活をしています。

はて??なぜこんなに張り合いのない生活なのか、

いろいろ考えてみました。

いくつかの理由がわかりましたね。

 

1、世話をする人がいない。

2、おしゃれに興味がない。

3、食事に興味がない。

4、旅行に興味がない。

5、お金に余裕がある。

 

頭に浮かんだのは上の五つでした。

 

1の「世話をする人がいない」ってことは、

一人暮らしで、自分のことだけしていればいいので、

着替えるのも、食事の支度も全てあっという間に

終わってしまって、、、暇になるのです。

 

2の「おしゃれに興味がない」ですが、

少し前まで、洋服を買ったり、高い美容室に行ったりと

結構おしゃれに気にかける日々を過ごしていたのに、

何ででしょうね〜、もうどうでもよくなりました。

 

3の「食事に興味がない」は、

これまた若い頃から興味なかったけど、

30代後半から油っぽいのもを食べたあと胸焼けをする

ようになって、余計に興味が失せた。

唐揚げ弁当大好きだったのに!

大好きなとんかつ定食は数ヶ月に一度食べに行きます。

毎回あとで後悔するはめに陥ってるけどね。

 

4の「旅行に興味がない」は、

20代の頃は近場ならいろいろ出かけてましたよ。

でも、これってただワイワイしたかっただけ。

“近場なら”ってことで、大金使って海外に行こうなんて

全く思わなかった。

要するにもともと旅行にも興味なかったんです。

あと飛行機に3時間超えて乗れないのも原因かな。

飛行機の中では絶対眠れないたちで、辛いです。

 

5の「お金に余裕がある」は、今現時点での話ですが、

年金がもらえる歳まで働かなくても生活できます。

お金がないなら一生懸命仕事してる気がしますね。

で、職場の人と食事したり、どこかに出かけたりと

楽しいかなと思います。

お金があって特別な趣味がない人は自堕落な生活に

陥るのは間違いないと言えますよ。

 

私はかろうじて、中国語と英語の勉強を趣味として

るけど、特別ってわけじゃないし、両方話せなくても

生活に何ら支障はないので、今、自堕落な生活に片足

入ってるかもです。

昨日なんて、バイト以外の時間ずっと寝てたし!

 

昨日は雨で、買い物に行きたくても、私は傘を持って

なくて、部屋から一歩も出られなかったもんね。

日本に住んでいて、傘なしで生活できるなんてすごく

不思議です。

九州に住んでたころは、何本持ってたか分かりません。

ここは札幌。雨があんまり降らないところだからね。

 

まあ、結局言いたいことは、

もし張り合いのある生活を送りたいなら、

自ら外的な強制力(制限)をかすことが大事ってこと。

何かしら不足があるくらいが、人生に張り合いが出る

ってもんですね。